遠くの地域に長く滞在する時はホテルで暮らすよりも、マンスリーマンションを使った方が負担を減らせます。利用する時のポイントを理解しておくと困らないので、どうすれば良い形で利用できるか説明したいと思います。

マンスリーマンションの特徴

マンスリーマンションのメリット

今とりあえず一人暮らしを始めてみたいといった方は、マンスリーマンションも候補に検討してみてはいかがでしょうか。それは、マンスリーマンションには他の賃貸物件にはないメリットがあるからです。引…

マンスリーマンションのデメリット

マンスリーマンションは短い期間でも借りれ、家具や家電製品が備わっているために使い勝手が良いと思いがちですよね。契約内容は会社によって違うため事前にスタッフと相談し、滞在する期間を確かめて決…

マンスリーマンションの選び方

敷金や礼金、仲介手数料、保証人不要です

マンスリーマンションはほとんどの場合敷金、礼金、仲介手数料や面倒な保証人も不要です。都会に出張や研修で1~2ヶ月程度宿泊する場合にアパートを借りれば敷金や礼金、仲介手数料がかかり費用がかさんでしまいます。ホテルでは宿泊費が高くて予算をオーバーしてしまいます。かといってカクセルホテルでは味気なく感じるはずです。こんな時に最適なのがマンスリーマンションです。都心の一等地でほとんどの場合駅に近く、通勤や通学に便利な立地で駅に近いため、スーパーやドラッグストアもあるので買い物には不自由はしないはずです。契約も簡単でなかなか見つけにくい保証人も不要で、価格も一等地の割に割安で1~2ヶ月滞在するには最適なマンションです。

身一つで何も準備しなくても宿泊できます

マンスリーマンションの特徴は、生活に必要なテレビや冷蔵庫、洗濯機、炊飯器などの電化製品が備え付けになっているため購入する必要はないです。またほとんどのマンスリーマンションでは、インターネットの利用ができ新たに契約をする日必要はないはずです。自炊ができるので食費代がかからないで割安に生活できます。アパートなどを借りた場合は生活必需品の電化製品は購入しなければならないはずです。オプションで清掃なども依頼することができ契約がすめば身一つで宿泊することができます。大都会の一等地での生活が割安で借りることが出来、繁華街に飲みに行く時も大型のレジャー施設に遊びに行く時も、短時間で行けてアクセスに時間がかからないのメリットです。目的を終了すれば引越しをする必要もなく大変便利なマンションです。

マンスリーマンションは前年収入が低い人の味方

一般賃貸住宅は収入証明が必須のため基本的に前年収入が低いと引越しが出来ません。しかし、マンスリーマンションは料金一括前払い制で収入証明書が不要の場合もあるため、前年収入が低かった人の味方と言えます。

マンスリーマンションの契約方法

短期のマンスリーマンションの契約

通常、賃貸マンションというと長期で入居するのが一般的ですが、出張や単身赴任など、短期契約できるのがマンスリーマンションです。生活に必要な家具や家電、備品はほとんど揃っているのでかばんひとつ…

長期のマンスリーマンションの契約

マンスリーマンションは、月単位の契約ができる賃貸物件として人気がありますが、最近では長期間の利用を検討する人も増えています。特に、単身赴任や進学、就職などの際ににマンスリーマンションを探し…

マンスリーマンションの法人契約

マンスリーマンションの契約件数が伸びているのは、それだけ需要があるという現実を物語っているといえるでしょう。「マンスリー」というように、一月単位というのが、最大の特徴といえるのではないでし…